取り扱い作家Artists

現存作家 洋画

中山忠彦ナカヤマタダヒコ

主な作品

「プロフィール(素描)」43.8×33.5cm

「プロフィール」38.9×26.7cm

「耳飾り」F3

画歴

1935年
福岡県小倉市生まれる
1953年
高校卒業後上京、伊藤清永に師事 阿佐ヶ谷洋画研究所に通う
伊藤絵画研究所開設と同時に内弟子として入る
1954年
第10回日展に初出品した「窓辺」が初入選
1955年
白日展で「裸婦」「黄衣」が船岡賞受賞
1968年
大阪・日仏画廊で初個展
1969年
改組第1回日展で「椅子に倚る」が特選受賞
1980年
白日展で「妝う」が内閣総理大臣賞受賞
1981年
改組第13回日展で「縞衣」が特選受賞
「優しき相貌」銅版画集( 第1集刊行)
1983年
「中山忠彦画集」(求龍堂)
1985年
読売新聞社主催<中山忠彦展>開催
1986年
改組第18回日展審査員を務める
1987年
日展会員となる
1988年
「中山忠彦作品集」(講談社)
1990年
第22回日展で「青衣」が会員賞受賞
1991年
日展審査員 西山版画企画で<中山忠彦版画展>
1993年
「中山忠彦展」開催(大分県立芸術会館 大阪・神戸大丸を巡回)
1996年
日展で「華粧」が内閣総理大臣賞受賞
1998年
「黒扇」で日本芸術院賞受賞 日展理事・日本芸術院会員となる
2009年
日展理事長となる
2015年
日展理事を退任し、新顧問に就任
2019年
旭日中綬賞受賞
現在
日本芸術院会員
白日会会長